国府祭

ゴールデンウィークも終わり、日常の光景に戻りました
みなさまどの様にお過ごしでしたでしょうか。

大磯町の国府地区では毎年5月5日に、国府祭というお祭りで賑わいます。
国府祭と書いてコウノマチと読むこのお祭りは、千年以上続く歴史のあるお祭りで
神奈川県の無形民俗文化財に指定されています。

祭り


お祭りの進行は、古事に基づいた流れに沿っており
神揃山に集まった五社の神輿が高天原(馬場公園)に集結しそれぞれの社に帰って行き
お祭りは終了します。

神輿


とは言え、私が子供の頃はそんな大事な神事はそっちのけで
親や親戚に貰ったお小遣いを握りしめて、出店で綿あめやくじ引きに夢中でした…が、
昔は子どもの日と重なることから、鯉のぼりを揚げてる家庭も多く、
祭囃子、御神輿、掛け声と相まって非常に華やかだったな思い出があります

お面


囃子


などと、思い出にふけりながら歩いていると写真を撮られている人気者の神主さんが…
覗いてみるとなんと!中﨑町長でした!

町長


休憩に入る所で声を掛けてしまったのですが、快く撮影に応じてくださいました。
ありがとうございました!


本来は神揃山での座問答、神楽舞等、見どころ満載なお祭りなのですが、今回は業務の都合で間に合わず…
来年も挑戦しようと思います。

過ごしやすい陽気の時期で、悪天候だったケースが過去に私の記憶で数回程度と恵まれたお祭りですので
興味のある方は、是非来年遊びに来ていただければと思います。







管理者にだけ表示を許可する